【お蔵出し企画】 好きなアイドルマスターのアイドル別にお勧めする山下達郎全アルバム 

 


皆さまこんにちは。ご機嫌いかがでしょうか。
山下達郎ファンです。
(声マネ)

さて唐突ですが、今から去ること4年前。
アイドルマスターの登場キャラクターに合わせて山下達郎の全アルバムを解説しようという記事を、ニコマス生放送イベントであるVRLのポータル記事として連載しようとしていたのですが、諸々の事情により途中で文章が書けなくなってしまい、そのまま頓挫しておりました。

それ以降ずうっと頭の片隅に記事を書き残した心残りがありつつもそのまま眠らせておいたのですが、ある時こんな情報が流れてきまして。

fb_1200_628-700x366.jpg

民放ラジオ101局特別番組「WE LOVE RADIO!~山下達郎・星野源のラジオ放談」


アイマスPにはお馴染み星野源。
重度のアイマスPとしても有名で、自身が担当しているオールナイトニッポンの初回でアイマスについて触れたり、ことあるごとに各所でアイマス楽曲の良さを熱く語っているとか。


そしたらあなた、そんな星野源さんが山下達郎と先日ラジオで対談したそうじゃないですか。
乗るしかない、このBig Waveに。

ということで、お蔵入りしていたアイマス×山下達郎の記事を再作成してみました。

アルバムの並びは発売日順となっていますが、今回は 『このアイドルが好きな人にはこのアルバムがおススメ!』 というようにはじめに逆引き目次を設けておりますので、とりあえず好きなアイドルの所だけでもアルバムをレンタルして聴いてみてください。

なお、前回正確な解説をしようとして泥沼にハマったので、アルバムの紹介文は公式サイトから引用しています。

(BGM:Funky Flushin'〜硝子の少年〜Bomber〜Funky Flushin' LIVE)






.

目次


天海春香  ⇒ 『Ray Of Hope』
如月千早  ⇒ 『SPACY』
萩原雪歩  ⇒ 『POCKET MUSIC』

高槻やよい ⇒ 『COZY』
秋月律子  ⇒ 『SEASON'S GREETINGS』
三浦あずさ ⇒ 『MELODIES』

水瀬伊織  ⇒ 『CIRCUS TOWN』
菊地真   ⇒ 『僕の中の少年』
双海亜美  ⇒ 『JOY』
双海真美  ⇒ 『SONORITE』

星井美希  ⇒ 『FOR YOU』
我那覇響  ⇒ 『GO AHEAD!』
四条貴音  ⇒ 『MOONGLOW』

日高愛   ⇒ 『BIG WAVE』
水谷絵理  ⇒ 『ARTISAN』
秋月涼   ⇒ 『SONGS / SUGAR BABE』

天ヶ瀬冬馬 ⇒ 『ON THE STREET CORNER 1』
御手洗翔太 ⇒ 『ON THE STREET CORNER 2』
伊集院北斗 ⇒ 『ON THE STREET CORNER 3』

シンデレラガールズ ⇒ 『RARITIES』

音無小鳥    ⇒ 『Expressions / 竹内まりや』
プロデューサー ⇒ 『RIDE ON TIME』
日高舞     ⇒ 『IT'S A POPPIN' TIME』
魔王エンジェル ⇒ 『NIAGARA TRIANGLE Vol.1 / 山下達郎、伊藤銀次、大瀧詠一』




-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: メモ:音楽

tb: 0   cm: 0

△top

俺がミリマスPに勧めたい俺の大好きなバンドの曲50選 

 

こんばんは。
アイマスPの皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はゲッサンのせいでミリオンライブ熱が再燃している昨今です。
(直近でゲッサンミリオンの応援記事いくつか書いてるのでよかったら是非 →

ところで唐突ですが、私の大好きなSLTというバンドがありまして。
25年も活動しているベテランながら、ヒット曲がほとんど無い上に滅多にメディアに露出しないバンドなんですけれども。
ジャンルが雑多で説明し辛いバンドなので、SLTの遍歴については以下のリンク先をご覧ください。
◆Wikipedia   ◆Realsound特集コラム

SLTは過去にブログで記事書いたり楽曲でニコマス組んだりしたことあるぐらいに大好きなグループなんですが、最近ミリオンライブ熱が盛り上がっているせいか、SLTの曲を聴いていると「この曲のイメージにはこのミリオンの子が合うんじゃないか?」…なんてことをつい考えてしまいまして。
気がついたらミリオンライブの50人に合わせてセレクトした、SLT楽曲だけのプレイリストが出来上がっていました。

というわけで突然ではありますが、ミリオンライブPの方に向けてこの全50曲のプレイリストをコメント付きで公開してみようと思います。
ミリオンライブはプレイヤーの年齢層が比較的若いという印象がありますし、おそらくSLTの名前すら聞いたことのないという人も沢山いるかと思いますので、そういった皆さんにほんの少しでもSLTを知ってもらう切っ掛けになればいいな…という淡い期待を抱いてみたりしています。

アイマスのように華やかな感じの楽曲と比べると、SLTの曲はどうしても落ち着いた地味な感じの楽曲が多めですが、たまにはリフレッシュがてら、こういう普段聞かない楽曲群に耳を傾けてみるのも面白いのではないでしょうか。
最初に紹介する何曲かはこっそり試聴用にリンクを貼っていますので、もし試聴してみて「いい感じだな」と思って頂けた場合は、ぜひ後述するベストアルバム等に手を出してみてください。

【※注】
 もし万が一、アイマスのことを何もしらない純粋なSLTファンの方がこのサイトを目にしてしまった場合、好きな楽曲のイメージが変わってしまう恐れがありますので、そっとブラウザのバックボタンを押していただくことをお勧めします。


ということで、以下格納します。
-- 続きを読む --

category: メモ:音楽

thread: お気に入りアーティスト - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

△top

歌詞が好きな曲10選 

 

面白そうだったのでPボウイさんの企画「歌詞が好きな曲10選」に参加してみました。

基本レギュレーション
・曲ではなく、あくまでも「歌詞」で選ぶこと
(ただし、好きでもない曲から歌詞だけで選べる人はそういないと思うので、細かいことは言いっこなし)
・洋楽、邦楽、演歌、民謡、その他外国曲、歌詞がある曲なら何でもアリ
・1アーティストにつき何曲でもOK
・「特に好きな歌詞」を必ず抜粋すること
・歌詞に対するコメントは各自ご自由に(無理に書かなくてもよい)
・動画引用などは各自にお任せ(真っ黒ですからね……)
・投稿したらTwitterハッシュタグ「#kashi10」を記載してつぶやくこと






1.ブランシェ / ZABADAK



愛されたいなら
愛してはいけない
自分 以外を
それにしてもあなたは
一途な棘を持っている
a la vie et a la mort
a la vie et a la mort
あなたならできる



2.Waiting Game / Swing Out Sister


If you should ever change your mind
I'll be there just call my name
Until then I'll be
playing the waiting game

All you left me with emptiness
Now everyday seems the same
You've gone but I'm still
playing the waiting game


訳)
もしもあなたの気が変わるなら
私はすぐに駆けつける だから私の名前を呼んでね
それまでは この待ちぼうけのゲームを やり続けているから

あなたの置き土産は空しさだけ
来る日も来る日も代わり映えがしない
あなたは去ったのに まだ私は待ちぼうけのゲームを続けている



3.Being boring / PET SHOP BOYS


'Cause we were never being boring
We had too much time to find for ourselves
And we were never being boring
We dressed up and fought, then thought: "Make amends"
And we were never holding back or worried that
Time would come to an end
We were always hoping that, looking back
You could always rely on a friend


訳)
だって、ぼくたちが退屈な存在じゃなかったから
自分を理解する時間なら、ありあまるくらいあった

そう、ぼくらは絶対に退屈な存在じゃなかった
ドレスアップして、喧嘩して、それから思い直して仲直りして

ためらったり、終わりがいつかくるなんて心配したりしたことなんて、一度だってなかった

振り返ったらたよりになる友だちがいてくれるんだ、
ぼくたちはいつだってそう思っていた



4.祈り / SING LIKE TALKING

(動画なし)


居心地が悪いって毎日
自分を責め続けても
確かなものはひとつもない
それを希望と呼べばいいさ



5.道 / 旭化成CMソング


このまま歩こう
この空の果てに続く道は
いつか見える
広がる景色に心を映して
微笑みながら ただ明日へ
陽が沈んで 霧が立ち込めて
雨が降れば ずぶ濡れだけれど
朝は来ると信じてる



6.空 / 音無小鳥


奇跡じゃなくて 運じゃなくて
自分をもっと信じるの



7.マーマレイド・グッドバイ / 山下達郎


ごめんね
「愛してる」なんて言えるほど
僕は御洒落じゃないから
だけど 君が好きだよ



8.蒼氓 / 山下達郎


憧れや名誉はいらない
華やかな夢も欲しくない
生き続けることの意味
それだけを待ち望んでいたい



9.暮らし / 空気公団


一日の終りがつながっている
僕らはずっと夢を読む
この街並みの中で



10.おはよう今日の日 / 空気公団



おはようのあいさつにあわせて
僕らの今日が始まっていく
通りに新しい風が待っている
おはよう今日の日





歌詞についてのコメントは気が向いたら別エントリで書きます。
面白い企画でした。ありがとうございました!

category: メモ:音楽

tb: 0   cm: 0

△top

~SING LIKE TALKING 25th Anniversary“AMUSEMENT POCKET 25/50”~ 4月27日@東京国際フォーラム WEB上の声まとめ 

 

先日のライブ"AMUSEMENT POCKET 25/50"について、
WEB上の感想をまとめてみました。


…ちょっと多すぎィ!!


普段はSingLikeTalkingで検索かけても殆ど出てこないのに、
一体どこにこんな沢山のファンが隠れていたのか(笑)


これだけの人達がまだSing Like Talkingというバンドを
好きでいるのかと思うと、我が事のように嬉しくなりますね。


6月5日発売のニューアルバム"Befriend"が盛り上がって、
またこの時のような熱いライブをツアーで観れるといいなと思います。


リンク羅列するのも何なので、勝手ながら目を引いた箇所を引用してみました。
皆さんそれぞれのSLTへの想いはリンク先を見て頂ければ。


「このブログ載ってない!」とか「勝手にブログ載せるな!」とかありましたら、
コメント欄か拍手コメでこっそり伝えて頂ければ幸いです。
-- 続きを読む --

category: メモ:音楽

tb: 0   cm: 2

△top

~SING LIKE TALKING 25th Anniversary“AMUSEMENT POCKET 25/50”~ 4月27日@東京国際フォーラム セットリスト動画リンク 

 

先日のセットリストを、WEB上にある音源で可能な限りリンクしてみました。
激重につき注意。


-- 続きを読む --

category: メモ:音楽

tb: 0   cm: 0

△top

Enpowerment - Sing Like Talking 

 

たまには自分の大好きな音楽のメモでも。


EmpowermentEmpowerment
(2011/05/18)
SING LIKE TALKING

商品詳細を見る



Sing Like Talking(SLT)、7年半ぶりのニューアルバムが出ました。

公式ウェブサイト(見辛い)
Sing Like Talking - Wikipedia

もうてっきりSLTの新作を聴くのは無理だと諦めていただけに、本当に嬉しいリリースです。
生きてりゃ良いこともあるんだなと思いました。


-- 続きを読む --

category: メモ:音楽

thread: CD・DVD - janre: 音楽

tb: 1   cm: 2

△top

Cleopatora's Dream/クレオパトラの夢 

 

Cleopatora's Dream / Bud Powell


category: メモ:音楽

tb: 0   cm: 0

△top

Beautiful Mess - Swing Out Sister 

 

Beautiful MessBeautiful Mess
(2008/02/27)
スウィング・アウト・シスター

商品詳細を見る


Swing Out Sister約4年ぶり9枚目の新作アルバム。

花王セグレタで今までのバカラック路線と断絶したCMが流れていた時は
とうとうやっちゃったかと不安になったが、
1曲目を聴いてみると只の杞憂だったことが分かり一安心。


Breakoutのような初期のキャッチーさこそないものの、
落ち着いて聴くことのできるポップスには変わりなく、
盤石さはキャリアを重ねる毎に益々磨きがかかっているように思える。


バージョン違いのインストが入っていたり、
最後に続けてリミックスを入れる辺りもお決まりの構成という感じ。
でもそれもSOSらしくてよいのか。


SOSは一昨年辺りから聴きはじめたバンドなので、
ようやくリアルタイムで聴くことが出来て嬉しい。


7th『Somewhere Deep in the Night』は名曲揃いなんだけど
統一感がありすぎて気軽に聴くには少し重く(そこがいいのだが)、
逆に8th『Where Our Love Grows』 は全体のカラーが少し
明るすぎるように思えた。
その点この9thアルバムは6th~8thの雰囲気が程よく混在していて
心地よい。


まだ聴き始めたばかりだし何とも断言できないが、
もしかしたらSOSで個人的に一番好きなアルバムになるかも。

category: メモ:音楽

tb: 0   cm: 0

△top