この世界の片隅で(下) / こうの史代 

 

『夕凪の街 桜の国』ほど判り易くないため手放しで賞賛できないけれど、読んでよかったと思える作品でした。
連載が始まった当時は、正直『夕凪~』に続くどじょう狙いか?と穿った見方をしてしまっていたのですが、読みながら自分の浅はかさを恥じることになりました。誠実に題材を見つめ、自身の視線から丁寧に物語を紡いでいくこうのさんの作風は『夕凪』時よりも少しも変わりがありませんでした。

『夕凪~』が戦争を題材にしていること、またあまりにも名作としての評価が固まってしまっていることから、どうしても『この世界の片隅に』を読む時には『夕凪~』と比較する誘惑が頭をよぎってしまいます。
けれど、両作を読み終えてみると、同じ戦争を扱っていながら物語の主軸は全く異なっており、どちらが優れた作品かを仮定するのは意味がないのではないか、そう思います。
『夕凪~』は戦時から戦後にかけて繋がる世代間の物語。『この世界~』は戦時をただ精一杯に生きる一人の物語。どちらも、生きることに対して真摯に向き合っているように思えるのです。

そして時折り凛々しさを感じさせるすずの表情を見ると、自分はこのようにつよく生きられるだろうか、そう思わされるのです。
スポンサーサイト

category: メモ:漫画

tb: 0   cm: 0

△top