スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

アバヨ!!! 

 

by柳沢慎吾。



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 動画:ニコマス

tb: 0   cm: 0

△top

忘れる 

 

一瞬何が起こったのか解らなかった。


よりによってあんなエントリ書いた後に…。
まだ2回しか観てないよ!!!


…理由が理由だけに、仕方ないのだけど。
『今もいつかは「その時」になる日が来る』と、
確かに昨日自分で書いてたけど。
まさかこんなに早くその時が来るとは…。

でも、ほんの僅かな時間だけでも夢を見ることができて、
自分はまだ幸運だったのだろうな、と思います。


昨日悔しいとつぶやいた理由は二つあって。
一つはその時代をリアルタイムで感じられなかったことへの悔しさ。
もう一つは名作と呼ばれる動画が見れなくなってしまうことへの悔しさ。

今回は後者な訳ですが、これもまた分けられて、
出会う前に削除されてしまう悔しさと、出会った後に削除されてしまう悔しさ。

今回図らずも両方の悔しさを味わわされることになった訳ですが、
どちらにせよ残念なことには変わりありませんね…。


とにかく、もうあの時間は戻ってこないわけで。
今はまだ目を瞑れば思い出すことができるけれども、
時間が経つにつれて、音とか色とか構成とか、
自分の中から湧き上がってきたものが自分の中で変化していって、
やがて少しずつ、その時の感情を忘れてしまう。
それはとても残念なことだなと思う。




ふと、とある動画を思い出しまして。



itachiP。

忘れるわけねーだろJKとか思っていたんですが。
やはり今回の件で、いつこの場が無くなってしまってもおかしくないんだなと。

だったら忘れてしまう前に、好きでいれるうちに思い切り好きでいたいなと。
そして出来るだけその気持を、何らかの形で残しておきたいなと。
そんなことを思いました。

category: 動画:ニコマス

tb: 0   cm: 0

△top

新参のつぶやき 

 

三浦あずさメドレー ~M.A.squrade~を見た - 箱の外から


コメントさせて頂こうと思ったら思いの他長文になってしまったもので、トラックバックを。


私も最近ニコマスを見始めたもので、似たような思いを感じていました。

作品自体は素晴らしかったのですが、
もう少し早くニコマスに嵌ってれば、もしかしたらもっと楽しめるんだろうか?
という悔しさがどうしても残ってしまいます。


合作だとあらかじめ参加P達のことを知っていればもっとワクワクするのでしょうが、
視聴歴の浅い自分としては知らないP名の方が多く、どうしても蚊帳の外な感じが先に出てしまいます。
それだけ短期間のうちに濃密な時間が過ぎていったのかと、想像すればするほど、
何でもっと早く見れなかったんだという悔しい気持ちが増すばかりで。

…これじゃ只の僻みになってしまいますね。
じっくり考えてみたのですがなかなかこのモヤモヤが晴れてくれません。


ただ一方で、これだけ多くのP達が初期からずっと走り続けてきて、
その人達が走り続けてきたお陰で今こうしてニコマスを楽しむことができる訳で。

ニコマスはいつ終わるか解らない時期があった、と聞いたことがあります。
過渡期を経て安定した今となってはあまり考えられませんが、
もしかしたらニコマス自体、時代の流れに潰されてたかもしれない。
そう思うと、今でもまだまだ楽しむことが出来るこの状況は幸運かもしれない、と思ったり。


恥ずかしながら私今回のメドレーで半分以上のPの方を存じていません。
全く前置きゼロの地点から見ざるを得ないわけです。
考え方を変えれば、これはもの凄い贅沢なことではないかと。
普段良い作品ないかなーと思って辺りを散策している所に、見たこともない宝石箱がドカン。
中を覗かない選択肢はありませんよね。


確かに「その時」に居合わせられなかったのは残念ですが、今もいつかは「その時」になる日が来るわけで、
それならそれで、解らないものは解らないままに受け止めてしまうのもありではないかな。
なんてことを今思いつきました。

私も昨年末から見始めたのでにわかもいい所ですが、
今でも毎日のように名作群が生まれる、その瞬間に立ち会えることは幸運だと思っています。


まぁ輝かしき黎明期を体験出来なかったことは残念だけど、
今となっては美味しいところだけ楽しめるんだから、別に新参もそんな悪くないじゃん。
と思いました。

特にこれからニコマスに嵌ることが出来る人なんて、絶好のタイミングじゃないかと。
山のように聳える名作群。途切れることのない新作群。
ゲームだって、アケ、360、PSP、DS、どれから選んでもいい。値段も安くなってるし
さらにはもうすぐ次回作が発表される。アイマスの存続に気を揉まなくてもいい。
(振り回されるのも、それはそれで一興だと思うのだけれど)
ニコマスを楽しむには実に恵まれた環境ですね。


なんかめったくそな文になってしまいましたが、エントリを読んでこんなことを考えてみました、
ということで。


category: 動画:ニコマス

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。