スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

10/12/22 六本木 

 

アイマスモバイルのオファーが来たので六本木に行ってみた。
なんで六本木駅だけ駅名表札が金色なんだろう。趣味悪いと思う。




「まさかいきなり六本木でロケの仕事ができるなんて…感激です…!」

「春香に喜んでもらえて嬉しいよ。じゃ、よろしく」


305


  のヮの  …?


ドロ系
らーめん 参○伍 大盛 \880


「どうした?早く食べないと冷めるぞ」

「もうちょっと違う感じのお仕事かと思ってたのになぁ…」

「まあそう言うな。一番いいコメントを頼む」

「…!!」

「美味いか?」

「どろっとしてて天下一品みたいでオイシイです!」

「…もう少し配慮あるコメントの仕方を勉強しようか」


森ビル

ラーメン本で読んで気になってた店があったので行ってみました。
食べ終わったあと唇テッカテカになりましたが美味しかったです。

店を出るとまるで我々を見下しているかのように森ビルが立っていました。
さぞかし給料良い人達が働いてるんだろうなぁと思うと自分がふがいなくなります。
いやぁ…東京はおっかない所やでぇ…。


573pro

「573プロだ」

「こんなところにあったんですねぇ」

「こんな場所に会社置けるぐらいなんだから、さぞかし盤石な体制なんだろうなぁ。
 こないだのラブ+の話題作りだってさすが……それに比べて765の広報部ときたら……」

「…こ、これからですよ、これから!」







しっかし時間帯のせいなのか、外人率の高いこと高いこと。
飲食店とかも雰囲気が全然違う。一見さんお断りの匂いがぷんぷんと。
やっぱり六本木は特別用事が無ければ無縁の場所だなぁ。







giroppon


なぜか首都高速にROPPONGIの文字。
そんなに田舎者にここは都会だと思い知らせたいのでしょうか。







木六本


だからそこまで自己主張しなくてもええっつーの!!









たわー

「プロデューサーさん!あれ、東京タワーですよね?」

「あれもなにも…見りゃ分かるじゃん」

「ちょっと行ってみましょうよぅ」

「えーやだめんどくさい」

「ちょっとだけですから!」

「ちょっとって、ちょ…」


たわーがはるか

おーい…





ながい坂

………






ででーん
フランキータワー


「やっぱり間近で見ると大きいですね!」

「…そうだね」







ちょっと腹ごなしに歩こうと思っただけなのにどうしてこうなった…
浮かれ過ぎだろJK







家族連れ



タワーの下は和やかな家族連れやカップルでいっぱい。
さすがにここまでくると排他的な六本木の空気は薄れて、
そんなに居心地の悪い感じはしない。






タワー下のタワー
「でっかいタワーの下にあるせいか、何だかこじんまりとして見えるなぁ」

「でもこれはこれでかわいいです」

「…そうだね。じゃあ帰ろうか」

「え!?ここまで来たのに登らないんですか!?」

「だってお金かかるし」

「プロデューサーさんの甲斐性無し!ケチンボ!」

「それにそういうのは仕事で来れるようになった時の楽しみに取っときなさい」

「…は~い…」








ミッドタウンのカッポー爆発しろ
ミッドナイトタウンのカッポー爆発しろ



そんなこんなでアイマスモバイル始めてみました。
これってもしや最近流行りのソーシャルゲームって奴ですかね?(よく分かってない)
携帯でゲームなんかするものかと思っていた筈なのに…


思えば東京に住み始めてもうすぐ10年になるくせに、
自分出不精でろくに出かけないから全く東京の名所とか知らないんだよなぁ。

そろそろ東京からおさらばしたいと思ってたけど、
折角の機会だしこれを機に色々巡っておくのも悪くないかもしれない。



歩いてて見つけた良さげな立ち飲み屋
歩いてて見つけた良さげな立ち飲み屋



1位のファン数10万とかは絶対無理そうなので、
まぁ行ける範囲でのんびり楽しみますか。

しかし頭めでたいな自分

スポンサーサイト

category: アイドルマスター

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://singm.blog70.fc2.com/tb.php/102-fd010de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。