スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Enpowerment - Sing Like Talking 

 

たまには自分の大好きな音楽のメモでも。


EmpowermentEmpowerment
(2011/05/18)
SING LIKE TALKING

商品詳細を見る



Sing Like Talking(SLT)、7年半ぶりのニューアルバムが出ました。

公式ウェブサイト(見辛い)
Sing Like Talking - Wikipedia

もうてっきりSLTの新作を聴くのは無理だと諦めていただけに、本当に嬉しいリリースです。
生きてりゃ良いこともあるんだなと思いました。


「SLT?ああ知ってますよ。
 90年代によくCD出してたグループでしょ、"Time goes by"とか」
違いますそれはELTです。
というかもうこのボケが通用しなくなる程度には時代も変わってしまっていて、
本当に時間の経つのは早いなぁと思わされる…まぁそれはともかく。



まぁ活動再開しただけでも喜ばしいことなのですが、聴いてみるとこれが

「SING LIKE TALKING完全復活!!」

と柄にも無く大フォントで叫びたくなる位にSING LIKE TALKINGの音になっていて
今後の活動にも大いに期待が持てるアルバムになっていたので
ついキーボードを叩いている次第。


とにかく良作なので、SLTを聴いたことのある人は是非手に取って欲しいです。
特に10枚目の”METABOLISM”以降離れてしまった旧ファンのような人達にも、
一度は聴いて欲しいなぁと思う仕上がりになっています。


(METABOLISMが好きな人には申し訳ないのですが、
 メタボでこれまでのアルバムの比にならない位に作風が変化したのは
 どのアルバムが好きなファンであっても同じ見解ではないかと思います)


何枚目の雰囲気に似てるかと聞かれると、
どのアルバムとも違うとしか言えないので困ってしまうのですが…。


というか、そもそもSLTのアルバムはどれも同じようなアルバムが無いんですけどね。

初期(1st~4th)の頃のちょっぴり暗い都会のような雰囲気、
5th(Humanity)の爽やかで明るい曲が詰まったアルバム、
6th(Encounter)は土の匂いがするアコースティックなアルバム、
7th(Togetherness)でのホーンセクションやストリングスを多用した華やかさ、
8th(DISCOVERY)は開放的かつ壮大な感じの曲が多めのアルバムになっていて、
9th(Welcome To Another World)は耳に馴染むポップなメロディに溢れてて、
10th(METABOLISM)ではいきなりノイズ多めの力強いロックサウンドに変貌、
11th(RENASCENCE)はより落ち着いてもの哀しくも温かみのある楽曲群…


…まあよくもこれだけアルバム毎にバラバラな作風で作られてるものだ。



で、今回のアルバムはこれまでのSLTの遍歴が全て詰まっているような印象を受けます。
メロディだったりアレンジだったり歌詞だったり演奏だったり…

まだアルバム通して9回ほどしか聴いてないのですが、
もしかすると今までのアルバムの中で一番スルメ度が高いアルバムかもしれないです。
前作「RENASCENCE」の時のように、初めはピンとこないけれども聴き込む度に曲の印象が変わってくる感じがします。

アップテンポの曲が少な目だったり、派手なアレンジではなかったり、
フックのあるメロディが少なかったりするので、
SLTのそういう部分が好きだった人には若干物足りなさはあるかもしれないですけど、ね。

それでも、7年半も待たせ過ぎだろJKと言いたい気持ちが
このアルバムを聴くと不思議と落ち着いてくるというか、
メタボ以降の急激な変化もこれまでのSLTの遍歴と一緒にしっかりと今の曲に溶け込んでて、
なおかつこれからの活動にも希望を持てる形で受け入れられるような作品に仕上がっていて、
良くあるバンド再結成のガッカリ感が全く無いのは本当にすごいなと思いました。


ということで、12th「Empowerment」、SLTが好きだった人は是非買うと良いです。





あ、あとアルバム発売と同じ日にひっそりとiTunesで
東日本大震災復興支援ソングが配信されています。
『この楽曲の収益は配信手数料、キャリア手数料を除いた全額を義援金として寄付致します』
だそうです。

Luz - Single / Sing Like Talking(iTunesプレビュー、試聴可)

「La La La」を彷彿とさせるアフリカっぽいリズムから入って、すっと耳に馴染むメロディ。
歌詞も直接的すぎずそっと寄り添うような言葉で、
僕らのSLTが戻ってきた!と叫びたくなること請け合い。
(…いや、RENASCENCEも好きですけど)
キャッチーなSLTが好きだった人は試しにこっちを聴いてみて下さい。
128kbpsの音質しか選べないのが残念ではありますが、まあ募金すると思って。



とにかく今回のリリースは
『一時的な再結成ではなく、今後も継続して活動する』 とのことなので、
今後のリリースにも期待が高まります。
とりあえず当分は7/15の中野サンプラザを楽しみにしながら頑張ります。



…これでまたSECOND REUNION出した後のように寡作にならなきゃ良いけど…(笑)
スポンサーサイト

category: メモ:音楽

thread: CD・DVD - janre: 音楽

tb: 1   cm: 2

△top

コメント

 

おじゃまします♪

初めてコメントします。先にTB打たせていただきましたが。。。
「離れずに暖めて」以来のファンです。
togethernessを思わせる冒頭の遊びと、西村さんのInterludeが入ってるのが、竹善ソロとは違うところかな、と感じました。
一時的な再結成ではなく、継続的な活動というのが楽しみですね。

たつパパ #v7O0xCM6 | URL | 2011/05/24 22:35 | edit

いらっしゃいませ~

コメントありがとうございます!
自分も全く同じキッカケなんですよ~。
「離れずに暖めて」は初めて借りたCDということもあって、一番好きな曲です。
東京フレンドパークがⅠだった時ですから、20年も前の曲…
…何だかぞっとしますね…。
でも今聞いても全く古びず素敵な曲です。

竹善ソロも良いのですが、やはり3人揃うとしっかりSLTの音になるのが面白いですね。
SLTの音って何だと言われると言葉に出来ないのですが(笑)

ほんとに今後のSLTも楽しみです。
これからもお互い楽しんでまいりましょう!

シンゴ #- | URL | 2011/05/24 23:21 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://singm.blog70.fc2.com/tb.php/117-89b993c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SING LIKE TALKING「Empowerment」

ただでさえ8年待っているのに、4月発売の予定が震災の影響で延期になり、本当にお待ちかねだったSLTの最新作。店頭平積みなんてとても期待できないので(笑)、発売延期が決まった時点でAmazonで予約しちゃいました。

たつパパ★南北線 | 2011/05/23 23:02

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。