アニマス19話の感想と絡めた、響と貴音の話(微妙にネタバレ) 

 

アニマス第19話の貴音回が素晴らしかった。

例によってまた第17話と第18話を見逃してる状態なのですが、
今日は本当に起きてて良かったと思いました。



以下、第16話の話と絡めて感想。
響・貴音の魅力とアニマススタッフの健闘ぶりについて書いてるだけですので、
アニメ未視聴の方や他人の感想に影響されやすい方は読まないで下さい。

さて、例によって良かった所を箇条書きしていきたいと思います。

・今回全体的に絵が凄く綺麗でした。
 絵が綺麗か否かというのは主観でしか説明出来ないので
 結局お前の好みだろと言われればそれまでなのですが、
 とにかく絵が丁寧かつ綺麗に描かれているように思えました。

・で、今回は絵のクオリティがそのまま面白さの生命線になる回だったので、
 本当に頑張らなくちゃいけないところでしっかり頑張ってくれたなぁという印象です。

・貴音に付けられてるキャッチコピーを公式から引用すると
 「礼儀正しく、高貴なプリンセス? その正体は一切の謎!」とあります。
 (改めて直打ちすると恥ずかしいですね)

・まあ何かというと、貴音について誰も何も分からない訳です。
 アニメを見たって分からないし、ゲームで何度プロデュースしても肝心の所は分からないし、
 多分アイマススタッフでさえも具体的な設定は考えていないんじゃないかと思います。
 設定らしい設定といえば(あまりアイマスキャラに設定という言葉使いたくないですが)、
 そのよく分からない謎の部分こそが貴音の魅力であるという。
 何だかよく分からないけど、何故か見る側を惹きつけてやまない。そんなアイドル。

・で、そんなのどうやって描写しろっていう話ですよ。
 「よく分からないけど魅力的な子なんです。面白いアニメにしてあげて下さい」
 どんな無理ゲーですか。面接でそんなこと言ったら一発アウトですよ。
 自分だったらどんな話作ったらいいか皆目見当がつきませんよ。

・というか正直な話、期待していなかった訳ですよ。
 響回が肝心の響にスポットを当て切れず残念な感じだったので、
 余り考えたくないけど、他の765メンバーと比べてゲーム内のコミュ量が
 圧倒的に少ない響や貴音をアニメの24分枠で描写するには
 まだ材料が足りな過ぎるのかな…とか思ってた訳です。
 
・で、どのように貴音を描写したのかというと、ご覧になられた通り。
 ストーリーとしては付きまとう悪徳を追い払うというだけ、と書くと身もふたもないけれど、
 24分ずっと気品ある立ち振る舞いをする姿に目を奪われてしまった愚か者がここに一人( ・∀・)ノ
 貴音回どうするんだろう…と皆目見当ついてなかったこともあるけど、考えうる限りのベスト回じゃないでしょうか。

・いつもは突拍子の無い行動や不思議ちゃん入った所ばかりが目立ちますが、
 何か今日の貴音は全体的にオーラ出まくっててすごかった。
 小学生並みの感想どころか幼稚園児以下だけどそう思ったんだからしゃーない。

・765プロの誰も貴音のことを良く知らないけれど、皆総出で見張っちゃう位には大事に思われてて、
 また事務所でみんなで食べるらーめんをこよなく愛していて、着物と警察署長の服が非常に似合う人でと。
 今回の話で貴音について分かったことといえばその位ですかねー。
 でも謎は謎のままでも皆十分貴音の事が好きなんだなーということが伝わってくる話でした。

・あと縁日での千早と対話する場面がすごかった。
 狐面被った時の様子というか立ち振る舞いに目を奪われちゃいましたよ。
 次回の千早回への狂言回しという意味合いもあったのだろうけど、
 千早にあの言葉をかけられるのは今の所貴音だけなんだろうなぁと。
 お互いのことを分かってないからこそ掛けられる言葉というか、そんな感じがします。

・正直ゲームで貴音よくわからん娘だなーと思ってましたが、今回それでもいいんだなと素直に思えました。
 響回の時にキャラクターの底が見えちゃうとかいう感想を見て
 とりあえずゲームの響プロデュースしてからもう一回言って見ろ小童が!!とか
 そういう老害思考に陥りがちな昨今でしたが、
 つまるところ自分が一番貴音のことを見くびっていたかもしれないですね。
 反省しきりです。てへぺろ。

・ここまでの文章を読み返してみて、
 違う自分が19話良いと思ったのはもっと違う所なんだと思う訳ですが
 興奮に任せて書いていたらもうこんな時間になってしまったので
 とりあえずこのまま放り投げて寝ます。

・ていうか中黒打った割には全然箇条書きになっていないがなんくるない。

・あ、肝心なこと書き忘れてた!
 フラワーガールと風花が文句ない使われ方で俺大歓喜だった!
 フラワーガールのダンス一瞬だったけど滅茶苦茶動いてて吃驚したし
 風花のEDカットは例によって素晴らしいクオリティでまじ眼福でした。
 ただ最後の風花はTVで聴くと音圧が少し寂しい感じを受けたから
 貴音のMA2を是非CDを買うなり借りるなりして大音量で聴くと幸せになれると思うよ!
スポンサーサイト

category: アイドルマスター

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://singm.blog70.fc2.com/tb.php/144-35d6e2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top