大好きな曲でMADを作ってもらえることの嬉しみ(副題:一人企画「ブロガーとこのアーティスト」) 

 

いきなりですが、
ニコマスに絡めて大好きなバンドの話をしたいと思います。


先日偶然、しへんPのブログが更新されていることに気付きました。

5年を振り返って - 詩 雑言つづり
http://psalms800.blog59.fc2.com/blog-entry-106.html


先日自分も参加させてもらったgouzouさんとこのアンケート企画で、
ご自身の動画が選ばれていることについて言及されています。

↓こちらの動画ですね


しへんPいわく、

>箱外さんがどういった基準で自分の動画を選んでくれたのか、正直読み解くことができず
>実際ものすごく困惑しています…


アチャーw
まさかこんな形でしへんPが困惑されているとは露知らず…。

最初しへんPが困惑されている理由がいまいち判らなかったのですが、
ある見方では「曲に合わせてあずささんが踊っているだけの動画」であって、
「新たな門出にふさわしいアイマス動画」には合っていないんじゃないかと、
たしかに思われるかもしれませんね。

見つかった以上真意が伝わらないのは不本意なので、勝手ながら補足をば。
以下格納します。





一応当事者として補足させて頂きますと、
ブログで言及されていたマイリス、箱外さんが私に向けて組んでくれたモノなのです。


過去に気まぐれで投稿した動画ブログで取り上げてもらったことがあって、
その時にお礼メールを送って以来、箱外さんとは個人的に連絡を取り合っている仲です。
Twitter等していない自分のアイマスにおける数少ない友人といった感じでしょうか。
色々と実生活上の愚痴を聞いてもらったりとかしてお世話になっております…w

で、4月から新しい職場になることを伝えていたところ、
今回の企画テーマの『新たな門出にふさわしいアイマス動画』に合わせて
突然このマイリストが送られてきたという。

モバマス、ジュピター、876トリオも含め、アイマスのアイドル一人ひとりずつ、
新たな門出にふさわしい動画を選んで並べられている、
まぁとんでもないマイリストでありまして。

こんな形で激励のメッセージを送ってもらったのは自分くらいだろうな!と。
そんなわけでマイリストを見た時はなんとも嬉しく思ったものでした。
今見たらミツボシ☆☆★消えちゃってますけどね…orz
と思ったら新しく追加されてるし…ああもうかなわんわーw





で、どうしてこの「Will」が選ばれたのか、についてですが。

この曲、非常に歌詞が抽象的ですよね。
ラブソングと捉えるのが自然なのかもしれませんが、
"Will"=意思 という意味で捉えると、
これから何かを始める時にそっと背中を押してくれるような
そういう励ましの歌にも受け取れるような気がします。
なのでそういう意図を込めて選んでくれたのかなぁ、などと思っているのですが。


でも一番大きな選出理由は、
私がSING LIKE TALKING大好きなことを箱外さんが知っていて、
おそらくそれで選んでくれたのではないかと思っております。


とにかく大好きなんですよ、SING LIKE TALKINGというバンドが。


どの位好きなのかと言えば、過去にこんなエントリを書いているのを見てお察し頂ければ。


Enpowerment - Sing Like Talking
http://singm.blog70.fc2.com/blog-entry-117.html

~SING LIKE TALKING 25th Anniversary“AMUSEMENT POCKET 25/50”~ 4月27日@東京国際フォーラム セットリスト動画リンク
http://singm.blog70.fc2.com/blog-entry-184.html(激重につき注意)

~SING LIKE TALKING 25th Anniversary“AMUSEMENT POCKET 25/50”~ 4月27日@東京国際フォーラム WEB上の声まとめ
http://singm.blog70.fc2.com/blog-entry-186.html




私がたまにはてブとかでちょくちょくSLT絡みの記事をブクマしていたこともあったので
多分それが箱外さんの目についていたのかと思うのですが、
直接SLT好きだということは一回も話したことなかったので、
マイリスでWillのサムネ見た時は「うおっ!?」と思わず声を上げてしまいましたw



《以下、SLTに対する思い出話が延々と続きます》



それまで音楽に興味なかった自分がポップスを初めて良いなと思えたのは、
たまたま東京フレンドパーク(ⅡではなくⅠの方ね)のエンディングで、
「離れずに暖めて」という曲が流れていたのがきっかけで。


名前を見てみると、シングライクトーキングという変わったバンド名だということが分かって。
小遣いがなかった当時、母親に「シングライクトーキング、シングライクトーキング」と
オウムのように唱えて無理矢理ツタヤで8cmシングルを借りさせたことを覚えています。
CDラジカセでダビングしたカセットテープで、それこそ何度も何度も巻き戻して繰り返し聴きました。

中学高校となって小遣いが貰えるようになってからは、
その時の新譜だった9thアルバム「Welcome to Another World」を買って。
1曲目「Seasons Of Change」の壮大な曲世界に魅了されてからは、
そこからドップリとSLTに嵌まっていき。

今みたいにAmazonなんてない時代ですから、自転車で市内の中古CD屋を巡っては
全部のアルバム・シングルを集めるのに躍起になっていました。

爽やかな歌声とメロディアスな曲と、抽象的で分かり辛いながらも温かみのある歌詞と。
SLTの楽曲は常に自分の生活の隣にありました。

その後もSLTをずっと追いかけてはいたんですが、自分が高校を卒業する辺りだったかな。
今までのAORやFunk寄りの耳触り良い曲調から、
ちょっぴりロック寄りの歪んだ音にシフトしていって。
その頃から段々バンドとしての活動が鈍化して、いつしか自然解散的に活動休止してしまい。

メンバーのソロなどもあまり追っかける気分になれず、
たまに思い出してアルバムを引っ張り出して聴いてみても、
「懐かしいな~良い曲だな~」とは思うものの
「でも活動休止なんだよな…」という状態を受け入れられずに
もにょりとした気分になり。
そうしていつしか自分の中でSLTは過去のバンドになってしまいました。


で、いつしか存在も記憶の彼方にいってしまって、
何か夢中になれるものはないかな~とぼんやり彷徨っていたところ、
ニコマスという古今東西どんなモノでも貪欲に取り込んでしまうものを見つけて、
そこからいつの間にかアイマス沼に足を踏み入れる訳ですが。


ある日ふとSLTののことが頭をよぎってニコニコで検索を掛けてみると、
そうしたらまぁ、色々と見つかること見つかることw


SLTってこれといったヒット曲が無く、なかなか廻りで知っている人がいないので
ファンとしては色々と寂しい思いをさせられてしまうバンドなのですが。
違法MADの世界とはいえこんな所にもファンがいるんだ~と嬉しい気持ちになったものでした。


折角なので、SLTでニコマス作ってくれている人をリストアップしてみましょうか。
自分の知ってる限りでは

・慎悟P (名前が被っていますが別の方です)
・バナールP
・しへんP

の三人かな?
(他に作っている方いましたら教えて下さい)



慎悟P
(2008年02月26日 00:59 投稿)
アイドルマスター 「I'm in love」 Happybirthday to chihaya

バナールP
(2008年08月02日 02:10 投稿)
アイドルマスター 春香・真 「Rise」(SING LIKE TALKING)
(2009年04月24日 00:36 投稿)
アイドルマスター 真・春香・美希 「Do What U Want 2 Do 4 Luv」
(2009年04月24日 20:48 投稿)
アイドルマスター 真・春香・美希 「Do What U Want 2 Do 4 Luv」(修正版)

しへんP
(2008年04月06日 03:39 投稿)
アイドルマスター 春香・雪歩・千早 「Rise」
(2008年04月12日 19:14 投稿)
春香 With You
(2008年04月17日 23:50 投稿)
アイドルマスター 雪歩・真・春香 「DANCIN' WITH YOUR LIES」
(2008年05月11日 10:17 投稿)
アイドルマスター あずさ+α「Gigolette」
(2008年06月21日 18:22 投稿)
アイドルマスター 美希 「Joy」
(2008年12月24日 00:10 投稿)
アイドルマスター 雪歩 ~君の許へ~
(2009年06月24日 22:46 投稿)
アイドルマスター あずさ 離れずに暖めて
(2010年03月22日 16:14 投稿)
【アイドルマスター】あずさ ~Stay Gold~【Sing Like Talking】
(2010年07月19日 00:02 投稿)
【アイドルマスター】あずさ Will【Sing Like Talking】
(2010年12月24日 21:02 投稿)
【アイドルマスター】 Together 【Sing Like Talking】
(2012年10月28日 18:02 投稿)
【誰得】ED差し替え
(2013年01月21日 00:00 投稿)
【アイドルマスター】魔力【Sing Like Talking】




慎悟PがニコマスPとしては一番初めにSLT曲を使ったことになるのかな。

よりによって使用曲がアルバム内のInterlude(しかもInst)なので、
すごい狭い所選んできたな!!と思いました。
千早誕動画でなぜこの曲を選んだのか聞いてみたいw


バナールPのダンスシンクロは今見ても気持ちいいですね~。

この動画の格好良さに言及していたこんな記事もあって。

SLTのライブではおなじみの、天を指さすポーズ。
動画製作者の原曲への思い入れを感じる。

アイマス化された『RISE』の意外性に驚愕したが、
ショートカットの菊地真が、雰囲気になじんでいるのに震えた。
女らしい体臭をかけらも匂わせないくせに、やたらと艶かしく、
おまけに数秒ごとに視線をなげて、駆け引きをしかける。
光と闇のはざまで。

そのスピードで Sing Like Talking『RISE』
http://nearfuture8.blog45.fc2.com/blog-entry-467.html


普段ニコマスと全く関係のないブログでこういう紹介をされているのを見ると、
なんとなく箔が付く感じがしますね(何の?)


もう一つの動画である「Do What U Want 2 Do 4 Luv」は
わざわざリミックス版の音源使っているあたり、
ああSLT好きなんだな~というのが伝わってきてね!

こちらも実にいいシンクロ動画。
赤ペン先生がいつぞや生放送で語っていたポジティブ万能説が実証されています。



そしてしへんPですが、なんとSLT10作超え…w
こうして並べてみると圧巻ですね!!

初期の頃の動画を今見てみると
ちょっと曲とズレてるかな~?と思うのもあるんですが、
回を重ねるごとに作りが丁寧になっていて、
真摯にアイマス動画と向き合ってこられたのが分かります。

特筆すべきはやっぱりこれ。

この曲で作るの本当難しいと思うんですよね…。
ダンサブルな曲でもないし、歌詞もストレートじゃないし。
自分が初めて見たニコマスのSLT動画がこれなのですが、本当に感動しました。


あとこれとか。

イントロの"Dinah"(ジャンゴ・ラインハルト)地帯のロリトリオダンスが好きです。
武道館ライブの映像、実際にライブ行ける日まで封印しようと思っていたら
先にこっちの動画の中で見てしまったという…w
この曲、生っすかのカヴァーで亜美に歌ってほしくて一応投票したんですが、
ヒット曲でもないのに通るわけねぇっつうの!



そうそう、こないだの貴音動画も素晴らしかった。

これで仮組みとか冗談でしょという感じで、
本当にひとつひとつの絵が大切に当て嵌められている印象を受けます。

これは曲贔屓ですが、今時Sing Like Talkingとか、最高だろう、と言う事です。切ない歌声に自然に寄り添う貴音の姿には素直に感動しました。アニメ素材、コミュ、ダンスそれぞれが丁寧に、歌を邪魔せずに寄り添っているんですね。合わせてると言うか、そう寄り添っていると言うのが良いのだと思います。良い歌に良い動画あり。それが一番です。

貴音誕生日祭 壱。(0:00-0:10)
http://d.hatena.ne.jp/karasu_01/20130121/1358783378


鴉さんがうまいこと文章にしてくれたので、
当時動画についてはもう書くことがないやw とか思っちゃった訳ですけれども。

折角の機会なので、動画で使われている曲への個人的な思い入れについて書きます。

この「魔力」が収録されている『Metaborism』という10thアルバムなんですが、
ここからセルフプロデュースになって、今までの作風からガラッと変化したこともあり、
ファンからは一番賛否両論のあるアルバムでして。
個人的にもここから疎遠になったこともあり、色々と複雑な思い出のあるアルバムです。
(多分アルバムの中で一番聴き込めてないんじゃないかな)

なので、しへんPが魔力で作ってくるとは正直意外でした。

今活動再開してようやく落ち着いて聴けるようになったせいもあるとは思うのですが、
改めて聴いてみると、なかなかに味わい深い良曲ですね。
自分の中にあった色んなしがらみを取っ払ってくれたという意味でも、
非常に思い入れのある動画になりました。

しへんPの動画って、Pとしての"我"があまり強くない感じを受けます。
この感じは本当に好きな曲で作ってるニコマスPに共通した印象で、
こういう作風ってあまりブログとかでは取り上げ辛い作風かもしれませんが。

鴉さんが書かれてるところの寄り添っている感じ、
つくづくぴったりな表現だなぁと思います。

無理にキャッチーな場面を入れて釣らない、
ただじっとアイドル達を大事に見つめているような、
そういう眼差しがありますね。

なんだか音楽だけに向き合って売れることをあまり考えていない
SingLikeTalkingの不器用な活動形態とつい被らせて見てしまいます。




ということで、
戸惑わせてしまったしへんPとネタばらしされた箱外さんには大変申し訳ないとは思いつつ、
ここで『Will』が選ばれているのはおそらくそういう理由だと思います。
「なんだ曲かよ~w」とガッカリされてしまったら申し訳ありません。
…ですが、受け手側としては、選曲以上にいろいろなものを受け取っていることは間違いないのです。

これまでニコマス見てきて色んな素晴らしい楽曲を教えてもらった訳ですけれども、
何せずぅ~っと聴き続けているバンドの曲ですから、
他の曲が使われている動画に比べて刺さり方が違う訳ですよw

しへんPのあずささん像=自分のあずささん像ではないにせよ、
自分の中のあずささんを構成する要素の何%かは
確実にしへんPのSLT動画が基になっていると思っています。

あまり目立つように前には出てこないけれども、
出逢った人の心の中に確実に印象深い何かを残していくような、
穏やかにその人を優しく包み込むような、
自分にとってのあずささんはそんなイメージです。
(もちろんそれだけではないですが)


SLT、良いバンドなのでもっと沢山の人に聴いて欲しいのですけどね。
今後のバンドの活動費のために(笑)
ニコニコでもいくつか音源あるのですが、
ハートマーク付きの狂信的コメントが沸いていてコワいので
このエントリも似たようなもんだけどな
聴くならYoutubeで探すのがいいかと思います。
旧譜は軒並み廃盤で、今は中古CD屋めぐってもなかなか見つけられないんですよね。
ツタヤでもあまり置かなくなっちゃったし・・・。


Togetherの投コメで

マジ誰かSLT作ってよ...

と書かれているのが未だに引っかかっています。

自分でも何か作りたいとは思っているんですが、
なかなか映像編集というものは自分にはハードルが高くて。
ニコマスPって本当にすごいですよね…。





先日の25周年ライブのMCで、ボーカルの竹善さんが
「人の歴史の中で、どんなにいい思い出も、どんなによくない思い出も、
過ぎてしまったことはすべて『過去』になる。
だから我々はいつも現在形で音楽を作り続けたい」
ということを話されていました。

Sing Like Talkingが一旦活動休止したのが2004年、
アーケード版アイドルマスターが稼動したのが2005年と、
だいぶ過去の話になってしまいました。

最近はアイマスもものすごい広がりを見せていて、
正直全てを追いかけるのは不可能なコンテンツだと痛感させられ、
ちょっぴり寂しい思いをすることもあります。

ですが、色々と思うところはあるものの、
この2013年にどちらも進行形でプロジェクトが動いているのを見れるのは
どんな形であれ嬉しいことだよなぁと、最近思っている所です。



というわけで、
なんかこのタイミングを逃すと二度と書けなくなりそうなので、
先日発売されたSLT新譜のHumanを聴きながら、書き連ねてみました。
SLT好きなプロデューサーの皆さんに、少しでも感謝の意が伝われば幸いです。


…我ながらくっどい文章だなw
スポンサーサイト

category: 動画:ニコマス

tb: 1   cm: 2

△top

コメント

 

どうもしへんです。
こちらも偶然このエントリーを拝見しました。

我の無いPですかw
中の人は我執は凄いんですけど、確かにニコマスPとしては『曲』ありきで作っていますね。
自分が聴きたい曲を自分が魅せたいアイドルで作る(ぶっちゃけ俺得)
再生数もマイリス数も気にしていないからこそSLTで作れるのかも知れません。

困惑したのは何で俺特動画が持ち上がっているのかだったので、何かスッキリしました。

あと、Pデビューの敷居は高くないですよ~
自分のような奴でも勤まるんですからw

しへん #- | URL | 2013/06/09 11:53 | edit

>しへんP
はじめまして、コメントありがとうございます!

我の無いっていうのはあまり適切な表現ではなかったかも…w
曲とアイドルを大切にしているっていうことが言いたかったのですが、
気を悪くされていましたら申し訳ありません。

基本MADって俺得の世界なのかな、ということを思います。
リクエストを受けて自分が好きでない曲で作る人ってあまり聞いたことありませんし。
(中にはいるのかもしれませんが、そうして作成された動画はおそらく面白みのない物になるかと)

兎も角、好みが一緒の人の俺得は、私にとっても俺得であるということで、
毎回素敵な良作をありがとうございます。

敷居は高くないとのことですが…私にはちょっと厳しいですね…w
作りたいとは常に思っているのですが、
動画作成ソフトの使い方を覚えるのが自分にとってはもう苦痛で苦痛でw

なのでやる気さんが戻ってこないというのはそりゃそうだよなぁと。
もし何かの弾みで新作を作られた時は、真っ先に見に伺わせて頂きます。
色々とお忙しいとは思いますが、まずはよいアイマスライフ&SLTライフを!

シンゴ #tE21prRc | URL | 2013/06/09 23:33 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://singm.blog70.fc2.com/tb.php/187-6c1e78d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[企画]回答という名の蛇足/組曲:新たな門出に相応しいアイマス動画について

真美が髪を伸ばしたんじゃなくて、ふたりで伸ばしてた髪を亜美が短くしたのだと私は思ってるんだけど、 他にそういう意見は聞いたことがないのでちょっと悲しい。 誕生日おめでとう

箱の外から | 2013/05/22 22:09

△top