スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

MSCV楽しかったです。ありがとうございました! 

 

 シルバーウィーク?なにそれ美味しいの?(挨拶)

 ということで、まずは主催のcx0101Pをはじめ、参加投稿者、投票者、ブロガーの皆様、視聴だけの方、参加された全ての皆様に有難うございましたとお疲れ様でしたの言葉を。楽しかったですね。

 


 今回思う所あって動画投稿という形で参加してみました。(予選G-5、SF-A-3でした)
 
MSCV結果


 エンディングでお前誰やねんと思われた方が多数だったのではないでしょうか。
 簡単に自己紹介をすると2009年後半頃にニコマスから入った一介のアイマス好きです。どうしようもなく好きな動画とかアイマスのコンテンツとかについてたまにこのブログで書き連ねたりしています。
 これまで5本ほど手慰みで動画を投稿したことがありましたが寡作にも程があるのでまず動画投稿者として認知されていません。P名予想で楽しまれていた方々には水を差してしまい申し訳ありませんでした(笑)
←初投稿かつ一番再生数が多い動画


 以下、動画投稿側としての参加感想になります。
 非常に冗長な文となっていますがもしお時間あればご笑覧ください。



 今回参加した理由ですが
  ①MSCという企画ルールへの思い入れ
  ②Sing Like Talkingの曲を衆目の集まる場所で流したい
 この2点でした。


 最初の理由ですが、私がニコマスに嵌る切欠切っ掛けとなった 『THE iDOLM@STER 天海春香 「サンデイ」』 (sm6141655、権利者削除)が初お披露目されたイベントがMSC3でした。そのサンデイについては以前ニコマスとPへ文章を押し付け寄稿させてもらったことがあります。今思うとかなり気恥ずかしく痛々しい文章ですがそれだけ自分にとって大切な動画でした。MSCV感想を巡ってみたら758さんに読んで頂いたようで冷や汗が出ますね。(ちなみに寄稿先で触れていた作成中の動画というのは今回の提出動画ではありません)
 MSCがなかったらサンデイもあそこまで拡散されてなくて自分もニコマスひいてはアイマスまで辿り着くことが無かったのだろうと思うと本当に巡り合せというか、MSCには感謝してもしきれません。
 正確にいうと私がサンデイを見たのはMSC3が終わってからのことだったのですが、あの印象的なイントロで決勝まで勝ち残ったという事実を動画視聴後に聞かされたこともあってMSCの勝ち抜きルールが自分の中で半ば神格化されてしまっていたんですね。このルールの元で自分がもし動画を作れるのであればどんな感じの構成になるだろうか…という一人MSCごっこの妄想に耽っていた時期がありました。我ながら馬鹿みたいですね(笑)。

 で、MSC4が別の主催の方主導で行われた経緯もあって多分今後MSCは開催されず妄想は妄想のままで終わるだろうと思っていたのですが、今回まさかの江頭P本人の主催ということで、昨今の流れ的に恐らく自分が立ち会える最後のニコマスイベントになるだろうなと思ったので(カズマさんではないけれども自分も本気でそう思っていた)、悔いを残すよりも出ておこうかな、と思いました。
 そうはいってもやっぱり人間なかなか踏み出せないもので今回直前まで参加するか否か躊躇していたのですが、ニセPブログの「参加した時のドキドキ感は参加しないと味わえない(`・ω・´)」という一言に後押ししてもらったおかげで飛び込み参加しました。結果はまさにニセPが書かれていた通りで、色んな意味で非常に心臓に悪い一ヶ月半でした。終わった今となっては投稿してよかったと思っています。背中を押して頂いたニセPには感謝です。

 そんなこんなで参加コメントにも一言そのことを書いたのですが 「イイハナシダナー」 との乾いたコメを頂きましてw、やっぱり真面目に参加コメントすると重くなりすぎてしらけますねww っていうか予選本選問わずコメントのしようが無い動画のせいなのか自分のパートだけガクッとコメ量が減るんですよねwww 全くもって空気読めないKYな奴ですみませんwwwww


 2つ目の理由については純粋に私の趣味です。
 SLTへの思い入れは過去にエントリを起こしていますが、鴉さんも触れられていたSLTニコマス動画の雄であるしへんPに引退を撤回して頂けていないままなので、SLTのニコマス動画を見たい自分としてはどれだけ稚拙でも自分で作るしかないというのが実情です。
 ただその選曲については卓球Pに生放送でSLTに思い入れが無いので投票候補から外したと言われたりmusePに男性ボーカルなので受け付けないと書かれたり、ね…w これまで動画を見させてもらって一方的に敬慕している相手からバッサリ切られた時のダメージって結構クるものがありますがw、選曲はもう個人の好みの問題でこちらも曲げるつもりは毛頭ないのでちかたないですね。
 あとは使用楽曲が最新のアルバム(とはいっても2013年)からの選曲だったのですが本選で曲名とアーティスト名出すまでに誰もSLTの楽曲だって気づいてくれなかったのが地味に相当なショックでしたw ごPも選曲の意図に気づいて貰えなくて寂しかったと後書きで書かれていましたが、とうとうニコマスでSLT動画を所望しているのは少数派とかではなくもう俺一人だけなんだな…ということをまざまざと思い知らされてしまい…何だか暗い話になってしまったのでここらへんで区切りたいと思います。
(9/20 21:00追記 うん、一人じゃなかったですね。有難うございます…っていうか引退撤回はよ…w)



 参加にまつわる個人的な思い出話を。
 当初の提出締切だった8/2の時点で冒頭20秒分しか出来ておらず諦めていたのですが、運営都合で当初の8/2から1週間伸びて8/9になったおかげで何とか体裁を整えることができました。とはいえ提出動画をこしらえたのが提出締切日の23:59で…(この時点で遅刻)。
 提出フォームから投稿を終えて開催事項のページを更新するとフォームが閉じられていたので、これは参加受付られていないかもしれない…と予選公開まで違う意味でハラハラしっ放しでした。しかもラストGブロックまで自作動画が流れなかったものだから気が気でなかったというか…。
 予選G-5のタイミングでイントロが流れた時には思わず変な声が出ました。
 あと本戦SF-A-3で流れて予選通過が判明した時も思わず変な声がでました。

 予選(Gブロック)はワイルドカードで滑り込めるといいなと思っていたのですが、まさかの2位通過だったようで驚いています。…今冷静に振り返ってみると予選の段階でDS勢が映っているのがこの動画だけだったので、実質愛ちゃんに連れてってもらった感が大きいのかなとも思いますけれども!
 一方で本戦(SF-Aブロック)は予選に比べると一気に失速してしまいましたが、あの選りすぐりの動画群の中に放り込まれてしまえばむべなるかなという感じで、逆にそれにもかかわらずある程度の票をいただけたようで嬉しい限りです。

 感想ブログ等でも何だか自分の思っていた以上に好意的な受け取り方をして頂けたようで、感謝の極みです。leggiero600さんが捕捉されているブログは一通り全部巡回済みです。言及頂いた方の所にお礼して回りたい気持ちでいっぱいです。

 予選に投票して頂いた内科部長さんが、書けなかった本戦の投票先が全部落ちてて恥をさらさなくて良かったねと書かれていましたが、ブロガー的には死票に投票してしまうと恥を晒すという感じなのかもしれませんが、投票する側には死票だとしても、投票される側としては数多の動画の中で自分の動画に投票してもらえるというのは決して無駄な票なんかではなく特別な重みというか有難みのようなものを感じます。
 なので、投票者の方の中で「ああ俺の票ムダだったな恥ずかしいわ…」って思っている人がもしいたとしたら(いないと思いますが)、それは別に恥ずかしがる必要なんてなくてむしろ投票先の作者を元気づける応援になっているのでそこは堂々と胸を張っていただければと思います。

 そして何より嬉しかったのがえびPのOP動画で全参加動画のカットを入れてもらったことですね。もうこれ優勝でいいべ…w っていう動画の中に56作品の中の一つとしてアーカイブして貰えたということが本当に栄誉なことだというか、ひと夏の良い思い出になりました。重ね重ね、ありがとうございました。


 できれば単品動画をすぐにでも上げたいのですが、現在絶賛作成中です。申し訳ありません。(反省部屋行)
 ていうかとりあえず1分でっちあげれば良いと聞いていたので、現状こんなに単品が上がっていることに驚いているというか…視聴者側としてはやっぱり直後に投稿された方が嬉しいですけどね。ええ分かってはいるんですスミマセン…仮組み6割ぐらいの段階で全然グッとこなくなってしまいどうすればいいか苦悩している最中です…。
 ということで忘れた頃に上がるかもしれないので、もしその頃まだこの動画のことを覚えてくれていたら、見てあげてくだされば幸いです。単品がご期待に添えるかは分かりませんが、15秒~30秒の部分だけでも何かしらのフックを提供できたということが分かって、ほんの少しだけ自信につながったような気がします。
 貴重な票を投票して頂いた皆様、ブログ等で言及して頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 あとはMSCのルール上、結果発表まで誰にも洩らせないというのがあるのですが、これが本当に辛かった…。
 他の実績あるニコマスPの方々らも非常にもどかしさを覚えていたようで、特定されるリスクの無い自分はそういうのとは無縁だろうと思っていたら全然そんなことなかった。
 P名予想で回PじゃないかとかじゅっPじゃないかとか予想されてたみたいで、この期待感を閉会まで自分はずっと背負わなければならないのか…と思うと暗澹たる気持ちになりました。俺そんな手練れじゃねえよ!!正体バレた時ガッカリするだろ勝手な予想やめろ!!!と何度穴に向かって叫びたかったか…。MSCの醍醐味として他Pへのなりすましがあると思うのですがこの一点に関しては個人的に全然おもしろくなかったですね(笑)。
 決勝の集計が終わってから結果発表までしばらく日があったのですが、早く楽にしてくれという気持ちと単品早く作らないと…という気持ちの板挟みで焦れ死にそうでした。
 今は単品が完成するかの不安で焦り死にそうですが、何とか上げられるようがんばります!



 MSCという大会自体についての個人的所感を。

・MSCルールを振り返って

 今回改めて、MSCの「限られた時間枠内におけるコンペ形式」というルールが企画として非常に秀逸であることを再確認しました。
 いや、大会が終了して単品動画が怒涛の勢いで投稿されていますが、それらの単品の内容がまた素晴らしいものが多くて。これだけの良作が一堂に会する機会ってそうそうないと思うんですよ。こういう動画もMSCという大会をふまえなければ生まれていなかった訳ですから、そういう意味でも素晴らしい企画だなと思います。

 水を差すつもりで言っているのではないのですが、その動画自体の良さというのは、MSCのルールで勝てるか否かとは全く関係ないんですよね。MSCのルールって、キャッチーな部分をアピールしてどれだけ視聴者を惹きつけることができるか、っていう一点に特化しているので。
 そもそも動画の良さなんて全部見てみないと分からないわけじゃないですか。ひとえにニコマスと言っても色んなものがあって、大会規定の1分に満たない動画もあれば10分越え余裕の長尺動画だって山のようにある。それとは別に、煌びやかで目を引く動画もあれば淡々と終始一定の穏やかなテンションで引っ張る動画もあって。どんな系統の動画にもそれぞれに、素晴らしい動画がこれまで沢山量産されてきた。
 その観点からすると、MSCのコンペ形式っていうのはどんな動画も一緒くたにして雑に選別する、ものすごく乱暴極まりない企画、という言い方もできる。

 MSCについて書かれている過去のブログ記事の中でも、とりわけ印象に残っているものがありまして。zeitさんの記事なんですが。
 Augenblicke: MSCについて勝手なことを
 過去のMSCで予選敗退した動画の中から良作をピックアップして紹介されていて、当時の動画がどんな雰囲気のものだったのか、というのを感じる手掛かりとしても非常に価値がある記事です。
 ネガティブというワードが使われているので何だよMSCのこと良く書いてねーじゃねーかと思われるかもしれませんがzeitさんわざとこういう書き方をされる方なのでそこら辺を勘案していただくとよいかと。キモは予選敗退した動画の中にも素晴らしい動画は沢山あるよ、っていう部分にあると思うので。


・動画に投票するということ
 MSCのルールは一言でいうと人気投票ということになるのでしょうが、人気投票というと自分はどうしてもtlopのライオンを思い出します。あれは一旦やよいおりを提示した上で動画内で行われるオーディションの勝者を決定するために伊織やよいどちらかの選択を視聴者に強いるという鬼畜動画でした。
 そもそも投票させる=取捨選択行為を強いる、というシステム自体にある種の暴力性が潜んでいますよね。俺はこっちを見たい!と宣言するのは、裏を返せばもう一方は見なくてもいいよと宣言していることになるわけですから。
 実際の所は別に見たくない訳ではなくて両方見たいのにどちらかを選択しなければいけないから悩むわけで、大会期間中も嬉しそうに苦悩している姿がちらほらと見受けられました。なんだこの企画の視聴者マゾばっかりかよw
 一方で投票はしないと宣言されている方も何人かいらっしゃって、自分なんかは折角の大会なんだから投票しちゃえばいいのにと思っちゃうのですが、やっぱりそういう暴力性みたいなのを感じ取って加担したくないがための無投票なのかなと。
 まあ企画慣れしてしまうとどうせ大会終了後に単品上がるだろ、とか高を括りがちになって私なんかはだいぶ心理的な負担も軽くなり気軽に投票していたのですが、Miki.bmpとかでんPとか単品あげないよって明言されてる方もいらっしゃってちょっと待ってよ単品上げてよお願いだからっていう感じですね。だから気軽な気持ちで投票してんじゃねーよって突きつけられた感がありますね。こういうのを後の祭りっていうんでしょうね。
 そういえば自分のパートで単品気になるっていうコメントは付いていなかったですねww まあ自分は作りたいから勝手に作りますけどwww


・「続きがみたい」という評価軸について
 MSCの投票基準は「続きがみたい」かどうかなのですが、この「続きがみたい」っていうのも人それぞれで。
 たとえば自分が好きなバンドの曲が入ってたらまあそっちに入れちゃいますよね。自分の場合はもしSLTの楽曲が使われてたらどんなに稚拙な内容でも投票してしまいますのでね。実際投票だと自分の動画に入れましたからね。どんだけSLT厨なのかというね。
 次に何を見せてくれるのか?どんな化け方をするのか?っていう動画に投票するっていうのもあくまで一つの基準であってね。
 今回の決勝動画の中で、本戦から劇的な変化をしている動画が無いなという意見を目にしました。実際私もそう思いました。ただ必ずしもそういう意外性や驚きで評価する必要はないわけでね。それは好みの問題なのでね。カレーPも触れていましたけどね。多分同じ生放送見てるんですよね。イベント失敗のくだり自分もムカっときたので書いてくれて溜飲が下がりましたけども。
 まあ私みたいなサンデイ厨からの視聴者視点で言わせてもらうと「決勝でドカンと一発隠し玉仕込んでこそのMSCだろ」ってつい思いがちな所もあるんですが、動画提出した側の視点からすると「そんなもんたまたま構成がピシャリと嵌っただけでどんな動画出そうがこっちの勝手だろ」っていう思いもあって、うーむ。
 やっぱり好みと評価を完全に切り離すことはできないわけですよ。だから自分が好きな動画で投票するのがいいんじゃないのかな。別に「続きがみたい」というのはあくまで色んな評価軸がある中で勝ち負けを割り切るためのツールとしてのルールですのでね。こう曖昧にできるあたりがMSCのルール良く出来てるなーと思う所で。
 まあぶっちゃけルールなんてその通りに進める必要ないですからね、ルールの抜け穴探すのが楽しい所もありますのでね。←これまでの流れを台無しにする結び


・結果について
 決勝動画を見るとどれも完成度たけーなオイっていう感じですが、蓋を開けてみて驚いたのが1位は予選ワイルドカード通過、2位も本戦ワイルドカード通過だったこと。あの内容でWC通過なのかよマジMSC恐ろしいな!っていう。あと予選最多得票のC-5(GetUp杏)のかっ飛ばしっぷりに噴く。324票とかwwwまあ自分も入れましたけどwwwww

 なんだかこれ見ると、予選・本戦の抽選の組合せの妙によっては全然結果が変わってるということもあり得たのかなあと。自分の動画も組合せによっては普通に予選落ちしていたのだろうし万に一つ決勝に行ってる可能性もあったのかな…とか書くとてめえ自惚れんなwwって言われる流れですが決して自惚れてる訳じゃなくて、MSCのルール上、これ全部の動画に同じことが言えると思っています。マジで。
 本当に結果なんて絶対読めない大会で、だからこそそれぞれの参加者に色んな思惑(本気で優勝狙って参加する人、予選出オチで参加する人、視聴者を騙す目的で参加する人)があって、それぞれの思惑に合わせた多様な動画が集まるイベントなんだなあと思いました。そして結果を読むのが難しいからこそ、みんな予想するのが楽しくて、あんなに参加している人が盛り上がっていたんでしょうね。

 今これ書きながらごPの得票数一覧見てるんですけど、結果見てて面白いのが、予選15秒の強さ・本戦30秒の強さ・決勝60秒の強さっていうのがちぐはぐな動画もいくつかあるという。
 なんていうか、普段強弱の概念が無いニコマス動画に無理やりパラメーター付けて戦わせるっていうの、何となくバーコードバトラーみたいな感じがして面白いですね。
 …バーコードバトラー分かんない?…24年も昔のおもちゃだったからちょっと例えが悪かったね。モンスターファームみたいな感じっていえば通じるかな。…モンスターファームも知らない?ああそう…


・参加のハードルの低さについて
 ごP胡桃坂さんもあとがきで書かれていましたが、MSCって参加するだけならものすごく敷居の低い企画なんですね。1分以上の動画データと必要事項の書いたテキスト添付してUPするだけ。何の連絡もなかったので「え!?これで終わり!?」っていうくらいにあっけない手続き。なのでもし次があるならもっと沢山の人が参加しても面白いかなと。まあ今回の56作品だけでも十分に多いですけどね!これ以上多いと江頭P死んでしまいますけどね!!
 多分参加のハードルが高いと錯覚してしまう理由はえびPの参加告知CMのせいだと思うのですが。これ見せられたら大抵おじけつくというか。これのおかげで今回エントリされてきた動画が粒揃いなものだらけだったのだろうと思っています。ちなみに自分はモチベーションを保つために参加準備の間はCM動画見ないようにしてましたwwKYでサーセンwww
 
 インタビューでも書かれてましたが思いっきり前回主催に喧嘩売ってる動画ですねw …でもここでどさくさに紛れて書いちゃうけど、個人的には前回の主催の方々にも感謝してるのですよ。MSC4も何だかんだいって楽しかったし、あの開催が無かったら実際大会がどんな感じで行われてるかっていう空気みたいなのをリアルタイムで感じることが出来なかっただろうし、そうじゃなかったら今回自分参加してなかっただろうし。



 長々と書いてしまいましたが、数々の偶然が重なって今回参加することができて、本当に運が良かったな、と思っています。何というか2015年になってここまで皆でニコマスでワイワイできるって正直思っていなかったので、本当に感無量です。

 文章の中ごろで自分が立ち会える最後のニコマスイベントでは、なんてことを書きましたが、またこんな感じで開催されるんだったら次回も参加したいなあ。…今度は見る側でw
(開催事項で「いつかまたよろしくおねがいします」って書かれていたの、期待していいんですよね?)

 あー、ホントに楽しかった。
 MSCVに関わった全ての皆様に、お疲れ様でした。そして有難うございました!
スポンサーサイト

category: 動画:ニコマス

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

MSC5おつです!

記事製作お疲れです。

自分もF枠まで流れてこなかったので「あれ?ちゃんと応募できてたよね?」と不安がってましたw
ただ、自分の場合、5回も参加して5回とも30秒で流れて興奮は味わえてないのが辛いですが( ゚∀゚):;*.':;

何はともあれ、自分のブログが後押しになってなによりでした。

自分のモットーの1つに「楽しい事は同じファンの人に楽しんでもらいたい」というのがあるので、色々と後押しする記事を書いて感じでした( ^ω^)

本当、MSCおつでした!

ニセP #- | URL | 2015/09/25 20:44 | edit

おつかれさまでした!

ご来訪およびコメント、ありがとうございます!
繰り返しになってしまいますが、この度は本当に有難うございました。
心臓への負荷を存分に満喫することができましたw

やっぱり皆勤されていてもちゃんと応募できているか不安になるものなのですねw
いや、やけにあっけなさすぎる応募手続きだなと思ったもので…。
本番までドキドキするのはそれはそれで醍醐味なのかもしれませんが!

本文でも触れましたが15秒/30秒/60秒それぞれの強さが動画ごとに異なっていて、
ニセPのは尺伸びるにしたがってどんどん面白さが強くなるタイプの動画ですよね…ていうかアレ詰め込み過ぎですよねwww
30秒の本戦だったら絶対強いと思うのですが、15秒の尺だとやっぱり良さが伝わり辛かったのかなと…逆に自分は15秒にパラメータ割り振りすぎたのかなと。
そう考えると改めてファイナリスト作品すげーなって思いました(作文)

とにもかくにもお疲れ様でした!
お互い単品頑張りましょう・・・っていうか
提出部分じゃない箇所の単品が先に出ているってどういうことですか!?(笑)

シンゴ #- | URL | 2015/09/26 02:33 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://singm.blog70.fc2.com/tb.php/223-c7c4ec5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。