スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ターキーP作『蒼い鳥~Forget-me-not blue~』単品について 

 

20選でも少し触れたのですが、色々と書き始めたらちょっと長くなってしまったので
単品記事として感想を書き記そうと思いました。



この動画、単品としてはお世辞抜きでものすごく好きな作品です。
ただMSC5の予選で見た段階では、その印象はむしろ最悪に近いものでした。

『32/100 ミリオンライブでの千早は笑顔しかないので。自分の中の齟齬をうまく消化できない。』

↑自分が投票する際に書いた印象評価メモからの引用です。
ちなみに100点満点中の32点、全参加作品中ワースト6位でした。
一方、個人的に今回のMSC5参加作品の中で一番印象が好転したのもこの動画でした。

ここでワースト6位と書くとじゃあもっと酷い評価の動画があるのかい!とどやされるかもしれませんが、
あくまでここで言う順位というのは「MSCルールに則った場合に自分ならどう優先順位をつけるか」
といった趣旨のもので決して動画自体の良し悪しではなく、
あくまで15秒のフックが私自身の嗜好に合致しているかどうかという
極めて個人的な指標であることを断り書きさせていただきます。

そもそも普段は動画に順位付けをして評価して観るという行為はまずしませんし、むしろそのような見方に嫌悪感すら抱くタイプです。
ただ、MSCのコンペ形式という都合上、大会中はそのようなものだと割りきって順位付けを行っていました。

そもそも、MSCの切り出し部分がイマイチでも単品になったら物凄く良かった。
あるいはその逆。
といったこともMSCでは往々にして有り得ます。

なのでMSCという大会における成績というのは重要な要素ではあるけれども、自分は成績以上に、大会終了後にどのような動画が投稿されるのか、といったことに重きを置くタイプの人間です。
(自分のMSC感についてはこちらのエントリをご覧いただければと思います)


なんでわざわざそんなことを書くかというと、
ターキーPがブロマガで書かれていたMSC振り返り記事を読んで、
ここまで作り手の思惑と視聴者側の気持ちが乖離するものなのか!?と驚いてしまい、
そうじゃないんだよ…この部分がNGだったんだよ…というのを伝えたくなってしまったからです。


長くアイマスを続けていると時折、
いつまでこの子を過去に縛り付けてるんだ、という思いが先行してしまう場面が多々あります。

当然その動画の製作者にとっては大事な思いなのかもしれないし、その点は尊重しなければならない。
けれども自分の今のアイマス観とはどうしてもバッティングしてしまう。
そうするとまず自分とその動画との間に境界線を引いて、距離を取ってしまいます。

この動画の初見時の印象としては、いつまで千早をその場所に縛り付けておくんですかね?という、
軽い怒りにも似た感情だったように思います。

今の千早をすっ飛ばしてわざわざ過去の重い千早だけにフォーカスするストーリーPVを、
今やることに一体何の意味があるの?

それは今井さんが10thで想い入れを込めて蒼い鳥を歌うのとは全く異なるし、
古参のPがずっと忘れられない思い出として過去の千早に執心するのとも異なる。
それは本当にあなたが今わざわざニコマスを通してやりたいことなの?


同じMSC参加作品であるmusePの動画にも同様のことが言えますが、
あの動画の抜粋部分だけ見て、私はいつまでサンデイを蒸し返すのかと怒りを覚えました。
単品として見てみれば、あの場所から春香の歩みを進める場面を描写した素晴らしい内容で。
20選コメントでは癪なので書きませんでしたが。
やはり限られた場面のカットだけでは、その動画の真価は絶対に分からないものなのだと思います。


この動画単品を見てみれば、違う世界線のIFを描写することで
結果的に今の千早に至るまでの変遷を際立たせた内容となっており、
本当に良く作ってくれたなと感謝したい内容の作品でした。


実際のMSCの大会では早合点して落とす結果となってしまいましたが、
投票しなかったことに特段後悔はしていません。
前述しましたが、個人的にはMSCでは出した提出箇所の評価が全てだと考えていることと、
そもそも結果も大事ではあるがそれ以上に大会をきっかけとして沢山の動画が投稿されるということに
MSCの意義を見出すタイプなので。

そしてやはりノベマスはMSCには向かないと思います。
特にMSCで優勝するのは無理。断言してもよい。
さんざんターキーPがブロマガで書かれているところ恐縮ではありますが、
フックのつもりで抜粋した部分が私にとっては地雷でした。
MSCの形式ではあまりにも情報量が制限されすぎる。


ただ、だからといってMSCに出した意味が無かったといったらそういうことではなくて。
多分大会を意識したからここまでシャープな内容になったのだろうと思うし、
最近ニコマスをチェックできていない自分にとっては
MSC参加作品だという切っ掛けがなかったらこの作品に出会えなかっただろうし。

自分がこの動画で勝負したい!と思う動画が一堂に会するのがMSCの良い所で、
今回のイベントでこの作品に出会えたことに感謝しています。



なんだか何が言いたいか判りづらい文となってしまったので、最後簡単にまとめたいと思います。

・MSCにおける勝利要因は不確定要素が多く、絶対的なものが存在しない
・一部の視聴者にとってはあの15秒の抜粋部分は反感を買ってしまいかねない内容で、悪手だった
・単品は自分にとって、個人的なアイマスの世界観を補完・補強してくれる、素晴らしい作品だった

三行で終わる内容でした。長々と書いてしまいすみません。
雑文ですが少しでもターキーPに視聴者側の印象が伝われば幸いです。
スポンサーサイト

category: 動画:ニコマス

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://singm.blog70.fc2.com/tb.php/232-fe296741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。